大好きな彼ともう一度幸せになるブログ

恋を頑張る女性へ向けた、復縁や関係の修復のヒントをまとめたブログです。

【冷却期間中】誕生日やお正月にメールを送ってもいい?

f:id:mallowmoon:20181120145242j:plain

 

もうすっかり年末ですね。

復縁したいと強く思う貴女にとって、大切な人と別れた直後のクリスマスやお正月はとても辛い時間だった事でしょう。

 

冷却期間中に相手に連絡をするのはタブーと言うのは、復縁に関しての定石です。

クリスマス=恋人たちの行事

と言う事もあり、クリスマスに彼にメールや連絡をする人はあまり居ないでしょう。

 

しかし、お正月や誕生日となるとどうでしょうか。

ただの友達や知り合いであれば「あけましておめでとう」や「誕生日おめでとう!」と言った他愛の無いメッセージを送り合うのは普通の事ですよね。

では、復縁を望む相手にお正月や誕生日にメールを送るのはどうなのでしょうか?

 

 

 

 

冷却期間中は年始の挨拶や誕生日のメールもしない方がベター

 

f:id:mallowmoon:20181228170900j:plain

結論から言ってしまえば、冷却期間中は年始の挨拶も誕生日も念日であっても一切連絡を取り合わない方がベターです。

冷却期間中と言うのは、相手への未練がまだ色濃く残っている時期です。

相手との関係が切れる事が怖くて何かしら理由を付けて連絡を取りたくなってしまうもの。

 

「年始の挨拶や誕生日なら送ってないから問題無いだろう」

「友達や親しくない間柄でも普通に行う挨拶だから良いんじゃないか」

「未練が残っている素振りを見せなければ、このぐらい大丈夫」

 

と思って、何食わぬ顔で節目毎に相手にメールをしたり連絡を取ったりしたくなってしまうものです。

彼から返事が返ってくれば、あわよくばそのまま連絡を続けたい

「自分にもう未練が無いアピールをしたい」と言う計算が働くこともあるでしょう。

 

しかし、残念な事に貴女は「何気なく送っているつもり」のメールであっても、相手には貴女の思惑が透けて見えてしまっている事が殆どなのです。

 

別れた後ほど相手のあざとさが見えてしまう

クリスマスに連絡が来なかったとしても、年始や誕生日などの節目や記念日に連絡が来ると、その内容がどんな物だったとしても相手からすれば「こちらに接近する口実」にしか見えません。

 

何気なさを装っていたとしても、別れた相手から連絡が来ると言う事は

自分の事を忘れていない

と言う、確固たる証拠になってしまいます。

 

www.mallowmoon.work

 

こちらの記事でも紹介していますが、冷却期間中は相手の心の傷もまだ癒えておらず、彼はできる限り「別れた相手と関わりたくない」と思っている状態です。

言ってしまえば別れた直後の元恋人と言うのは「嫌いな人よりも会いたくない」と言うレベルで嫌悪感が強い相手になっています。

一度深い関係になった相手だけに別れたからといって即「知人程度の浅い関係」にはならないのです。

 

友人関係を続けると言って円満に別れた場合であっても、

貴女に「復縁の意志」がある場合その気持ちは相手に透けて見えてしまいます。

 

貴女に気持ちがあるうちは、どんなに無関心を装ったとしても

態度や言動でその気持ちはどうやっても表に出てしまうものです。

そうなると、何気なさを装えば装う程にわざとらしさやあざとさばかりが目立ってしまい、貴女から何かしらのアクションを受けた彼は「気の無い振りして近づいてきた」と言う、悪い印象を抱きかねないのです。

 

何度も言いますが、冷却期間中は徹底的に相手との連絡を断ち

「もう貴方に対して未練は無い」

と言う印象を相手に付ける事が理想です。

 

しかし、そこでお正月や誕生日に相手にメールやメッセージを送ってしまうと、せっかく沈黙を続けてきた冷却期間中の努力を自分で台無しにすることになってしまいます。

 

 

それでもどうしてもメールを送りたい

f:id:mallowmoon:20181228171513j:plain

しかし、どんなに冷却期間中に連絡を取っては行けないと分かっていても

 

送らない方が逆に不自然

彼が仲が良い友人グループの一人

 

と言った例外もあるでしょう。

 

その場合は、なるべく相手に特別感を与えない方法でメールやメッセージを送る事が望ましいでしょう。

 

例えば、

LINEのグループにメンバー全員に向けたメッセージとして送る

複数人同時送信でメールを送る

極力感情が入らないような当たり障りのない簡素なメッセージにする

 

などです。

ただ、簡素なメッセージにしたとしても個別にメールやメッセージを送るのはあまりお勧めはできません。

共通の友人や複数人でのグループでの付き合いが無い場合は、わざわざメッセージを送らない方が良いでしょう。

 

 

メールを送っていいのはどのタイミング?

f:id:mallowmoon:20181228171737j:plain



では逆に、相手にメールやメッセージを送っても良いタイミングはいつなのでしょうか。

簡単に言えば、冷却期間が終わり彼と再び「友人~友人未満」の関係になった頃でしょう。

その関係にまで彼との距離が近づいていれば、挨拶や誕生祝いのメールやメッセージを送っても違和感はありません。

冷却期間を終わりにするタイミングは別に記事を書きますのでそちらを参考にしてくださいね。

 

しかし、冷却期間の終わり掛けの時期。

そろそろ相手との交流を再開したいと思う時期に突然挨拶メールを送るのはNGです。

冷却期間から彼に再接近する期間中は非常にデリケートな時期です。

あまりにも距離を詰めるのが早すぎれば相手は貴方の復縁への思惑を嗅ぎ取って逆に距離を取ってしまう可能性もあります

 

冷却期間が終わっても、焦りは禁物です。

再び彼と「友人~友人未満」の関係になるまでは相手に対して個人的なメールや挨拶メールを送るのは控えておきましょう。